高卒と大卒ってどう違うの?メリット、デメリット

進学

よく、

大卒はつける職業の幅が広がるよ!

という話を聞くと思います。
ただ「どう広がるのか」を語っている人は少ないですね。
今回は、大学を卒業した場合に広がる進路と注意点についてお話ししたいと思います。
結論としては

エリートになりたい人は大卒!
自分の頭で考えるのが苦手なら高卒

です。大卒は万人に向いている進路というわけではありませんし、高収入が得られる条件はある程度限られてきます。

大学を卒業することによって広がる進路

世の中には大卒しか応募資格がない職業が存在します。
主に大手の総合職や人気職はほぼ大卒しか応募資格がないと思って間違いないでしょう。
某有名米国IT企業数社が学歴制限を撤廃しましたが、これは超有能な若者を囲い込む目的なので一般人にはあまり関係ないです。

総合職とは、企業の中心にかかわる業務にかかわっていくコースです。広い意味では、幹部候補ともいえます。
営業から始まる人が多く、最終的には(選抜されれば)企画やマーケティング、人事などにつく人も。
会社に配属を決められ、どの仕事をするか選べないことが多いです。

長時間労働、転勤、営業職などの嫌がる人も多い要素がある場合も多いです。
だから大卒は平均賃金が高いともいえます。
転勤はそれがない会社を事前に選ぶこともできますが、その他に関しては選ぶにしても募集段階ではぼかされていることもあります。
やらなきゃいけないことや評価基準がはっきりしていないことが嫌いな人には向かないです

大卒職(主に総合職)の特徴

賃金が高い
出世ができる
面白い仕事に携われることも
社会的評価が高い
(すべて末尾に「場合がある」がつく。大卒でも賃金が低い仕事はある)
転勤がある場合がある
長時間労働、職場鬱、過労死などの問題がある
進学費用がかかるが必ず成功するとは限らない
コミュニケーション能力を求められる
成果ややらなければいけないことがはっきり示されないことが多い
マルチタスクが求められる

※理系だと技術職に就くこともありますが、ここでは割愛します。

高卒の場合

単純作業に従事する場合が多い。賃金は安いことが多いし出世しないことも多い。
やらなければならないことははっきりしており、出世が嫌いな人には向いているといえます。

やらなければいけないことがはっきりしている
費用が安い
要求水準が比較的低め
起業をするなら東京圏を除いて高卒でもあまり関係ない
賃金が安い
出世がない場合が多い
単純労働が多い
特に男性の場合結婚に不利
肉体労働の場合体を壊すと破綻する場合も多い

選択ポイント

大卒のほうがいいケースについては語りつくされているので、ここでは高卒のほうが良いケースについて書いてみます。

大卒は出世ができるというけど、出世が嫌い

最近いる「出世をしたくない人」
こういう人は高卒のほうがいいかもしれない。

自分で考えるのが嫌いで言われたことだけやりたい

こういう場合は高卒のほうがいいと思います。
高卒だといわれたことをちゃんとできる人材を求めているだろうし。
大卒はどうしても自分で考えなきゃいけないことも多く、
それが苦手な人にとっては苦痛だと思います。

この手のタイプの場合自分からは動かないため、
とくに自宅外の場合、大卒就職だと就活をまともにすることなく
ニート、フリーター化する人もいます。
親御さんは注意が必要です。

コミュニケーション能力がない、コミュニケーションが嫌い

基本的に高卒推奨です。大卒では一部の理系の希少能力持ちを除いて需要がありません。
単純作業に従事したほうが良いと思います。
現実的にはコミュ障はバイトかニートが多いという現実は押さえておきましょう。それは大学に行っても行かなくても変わりません。

ずっと田舎に住みたい

この場合、大卒並みの収入が得られるのが、
公務員、公的団体、銀行、医療、一部の理系職(インフラ系など)くらいしかありません。

当然同じ目的を持つみんながそこを狙ってくるので、競争率は高めです。
筆者は地方在住ですが、在住地域においてこれらの職を除いて大卒募集はほぼないです。
それらに残る自信がないのであれば高卒推奨。周りもたいてい高卒なので、都会のようにマイナス扱いされるケースもそんなにありません。
高卒新卒なら地元に根差した就職もしやすいです。

まとめ

大卒で広がる進路の場合、思考力が求められる場合が多く、
向き不向きが結構あります。
単純に「広がる」ことだけを求めて大学に行くより、その広がった進路が本当に向いているのかを考えたほうがいいでしょう。

進学
スポンサーリンク
進路最適化