高学歴の人が「仕事に学歴は関係ない」という理由

進学

高学歴の人ほど、

仕事に学歴は関係ない

と言うとの話題を見かけました。
なぜそうなるのか考察してみます。

最大の理由は、

「高学歴」という要素が自分事であるか、他人事であるかの違いです。
他人事なら

もし、高学歴だったらなあ♪

と、いくらでも理想論を語れるでしょう。
でも自分のことになってしまうと、
優秀な人たちの集まる世界の現実を突きつけられるというだけ。

学歴が重要ではないから「関係ない」と言っているのではないです。

※筆者は高学歴ではありません

構造上、そうならざるを得ないと考えます。
高学歴が言っているから説得力があるとかではなく。

有名企業に入った高学歴の場合

有名企業に入る人の多くが一定以上の高学歴の人です。
「学歴フィルター」が一部に存在するのは有名な話。
わかりやすくバッサリと切る企業ばかりではないけど、
学歴は考慮には入る。

関係ないなら受験勉強はほどほどに適当な大学に入ればいい。
でも現実には高学歴と低学歴の間には格差があるから、
つらい勉強をしていい大学を狙う。

低学歴から有名企業に入ろうと思ったら、
高学歴よりもはるかに狭い門を潜り抜けなければならない。

かりに中身が同じでも、

  • 高学歴だから採用された
  • 低学歴だから落ちた

ということは普通にあります。
要するに、「低学歴なのに高倍率企業の選考を突破できた」
という事実だけでかなりすごい。

こういう人が仕事ができると、

「ランクの低い大学卒の〇〇も仕事ができる。
だから仕事に学歴は関係ない」

という結論になると思われます。

ただ、有名企業の選考を突破できる低学歴はごく一握りです。
(高学歴者から見て相対的に低い)日東駒専ならまだ可能性はありますが。
Fランクでは、体育会系、特待生、首席レベルなどじゃないとまず無理。

ごく一握りの優秀な低学歴を見ているだけということです。
大多数は、
大手に行けず、仕事も優秀ではない低学歴になります。

成功できなかった高学歴の場合

学歴があるのに成功できなかった高学歴から見てみると

自分は高学歴なのに仕事で成功できなかった
→だから学歴は関係ない

という結論になります。

高学歴は出世できない理由に学歴を使えない

高学歴は出世できない言い訳に学歴を使えない。
だから挫折したときなどには
「学歴は関係ない」という結論に達するしかない。
それ以外の逃げ道を与えられないとも言えます。

逆に低学歴は言い訳として学歴を使える。
例えば高卒が出世できなかった時に、
「学歴がなかったから」だと言える。
実際は学歴だけが理由じゃないことはままあるのだけれど、
区別は簡単ではない。

大手企業の場合、大卒枠は高卒枠の比ではないくらいに難しい。(参考)
もし大卒だった場合、今の企業に入れていない可能性もある。
学歴がある立場を経験できるわけではないので、理想論はどうとでもいえる。

低能力なのに高学歴(or大卒)になってしまうことのリスク

逆に言うと、能力が低いのに高学歴になってしまうことには危険性もあります。

  • 高学歴の世界からは「使えない」とハブられる
  • 普通の学歴からは「(有名)大卒ならこれくらいはできるよね」とみられるが実際はできない
  • 低学歴からは「こんな高学歴な人がうちにくるのはおかしい」と学歴が高いことを理由に落とされることがある。

低学歴なら低学歴の世界に属せます。
でも、高学歴なのに使えない人はそれすらもできない。
居場所がなくなるリスクがあります。

これは程度の差こそあれ、学校のレベルが低い大卒にも言えます。
ホワイトカラーの仕事に落ちて、高卒と同じ仕事をせざるを得ない人が一定数います。
ただ、それでもそこでは
「学歴が高いという理由で期待されるが中身は…」
「職場には高卒がほとんどなので浮く」
などの問題があります。
素直に高卒で行っていればそれはなかったのだけど…
高卒は「大学へ行かなかった理由」をいくらでもあげられるけど、
Fラン大卒はそうでないというのもあります。言い訳ができない。

まとめ

どんなにあこがれられている立場でもその中には競争があり、
負ける人も一定数出てくる
外から見たきらびやかな一面だけでは語れない。
高学歴もそうです。学歴さえあれば勝てるというわけではない。

まとめると、

学歴はある程度関係あるが、学歴があっても勝てない人は一定数いる

ということになるでしょう。

「当事者」と「そうでない人」の見方はどうしても違ってくる。

…その人の立場ではどのように見えるかを
考えてみるのも大事だと思います。

進学
スポンサーリンク
進路最適化