大卒じゃないと人生詰むの?そんなことはないと思う。

進学

よく高校生がされる質問の一つに

大卒じゃないと人生詰むのですか?

という内容のものがあります。
特にまわりがみんな大学へ行く環境で、こういった疑問を抱く方はいらっしゃいます。

実際は、高卒は待遇が劣る面は否めないですが、
そんなことはないです。

やり方次第では、活躍も十分あり得ます。

高卒の仕事

高卒の人は、
工場で働く、トラックやバスなどの運転士になる、接客業、建設系の仕事などなど
につくことが多いです。
肉体労働か単純労働が多いのは否めません。
出世も大卒よりはできないのは事実でしょう。
なれなくなる仕事があるのは事実。ここは否定しません。
でも、安くない費用とリスクを背負ってまでそれになりたい?
という話です。
なりたいなら大学に行く価値はありますが、
大卒でもみんながそれになれるわけではありません。

スキル次第ではやり方はなくもない

高卒の半数くらいは不良か勉強ができない人、ないしは稼ぎにくい事情がある人です。
(各種統計でもこういう人たちが足を引っ張っていることを考えれば悪くない気が)
そのため、スキルアップ等への意識がそれほど高くないことが多い。
しかし、高卒でも
目標をかなえるために大学に「あえて」いかない人もいます。
学歴の代わりになるものをしっかり身に着けた高卒
は活躍している人もいます。
学歴不問の仕事もあります。
大卒でないから、待遇が不遇だからと腐らないことが大事。
思考停止にならないことも重要です。

優秀な高卒

まれに優秀な高卒がいます。
実業家や有名人でも高卒で大活躍している人は珍しくありません。
起業家のほかに、大学進学率がさほど高くなかった時代の女性にも多いです。
彼女たちの中には「優秀であるがゆえに」
自分が置かれた現状では、大学進学が得策ではないと判断した人もいます。
たとえ進学しても莫大な借金を背負う。リスクが高い。
なら、高卒で大手企業や公務員で働いたほうがいい。など

この記事に書かれている高卒で優秀な人も、
学力以外の何らかの理由で大学進学をしなかったのでしょうね。
学歴ではじかれてしまう人もいますが、認められてよい待遇で就職する人もいます。
本当に優秀であるのなら、例え高卒でもそれを認めてくれる会社もある。
Fランクの場合は、高卒には居るこういうタイプが少ないように思います。
このレベルの思考ができれば、Fランク大学に入学しないのかもしれない。

某超有名企業の役員一覧(15人以上いる)に中高卒が1人ずついると話題になっていました。
しかし、大卒者は全員、有名大学の卒業生。
中途半端な大学へ行くなら高卒のほうがまだ活躍できるのかも。

大卒でも高卒待遇職に就く人がいる

大卒職は「幹部候補」として総合職などで雇わます。
しかし、幹部は全人口の半分(=大学進学率)もいらない。
普通に考えてリーダーの数より部下の数のほうが多いのが自然。
そこで漏れる人はどうなるか。
高卒と同じ仕事に就くことになります。

今の40代後半くらいの人たちは受験が過酷でした。
能力の足りない人は受験の段階で切られたので高卒(または短大か専門)で就職するしかなかった。
大学にたどり着けた人はある程度勉強ができたということです。
今はだれでも大学に行けるようになったけど、要求水準は甘くなったわけではなく、
4年間の就職先送りになっただけ、というのが現状です。

高卒職で働く大卒の実態

下位大学を出て高卒職で働く人(比率的に結構多い)の場合、
高卒から4年遅れることと、職場のマジョリティが高卒のために浮く
…最悪いじめなどもあるらしい
という問題があるようです。
社会に出ることが4年遅れるがゆえに理想が高くなり、
ニートやフリーターになる人さえもいます。
それなら最初から高卒で現場で磨き上げられたほうがいいと思います。

高卒で「詰む」ケース

高卒に詰む人がいるのは事実です。
もともと貧困家庭などに育ってる場合も多いのと、
基礎学力、能力の低さ(障害に近いケースもあるのが実情です)や
見通しの甘さなどの致命的弱点を抱えている人が多いからです。
学歴そのものよりもそちらのほうがはるかに深刻な問題です。

逆に大卒で詰むのは…

  1. 進学で、莫大な借金を背負ってしまい返せなくなる
  2. 能力に見合わない進学をしてしまった
  3. 体調を崩した

などのパターンです。
大卒にも詰みパターンがあることを忘れてはいけません。

まとめ

詰むかどうかは学歴だけではなく、
能力のほうが重要です。
また、能力がないなら能力がないなりにどうやったら生活していけるか
ちゃんと考えることのほうがはるかに大事です。
大卒でも思考停止していたら詰むことは珍しくないです。

進学
スポンサーリンク
進路最適化